2014年10月 のアーカイブ

2014年10月31日 21時38分46秒 (Fri)

フジ社長

フジテレビの亀山千広社長は31日、定例会見で、体調不良のため27日放送の朝の情報番組「めざましテレビ」を途中退席した加藤綾子アナウンサーについて語った。加藤アナは翌々日には復帰したが、「本当に心配しました。ちょっとびっくりしましたが、大事に至らず良かった」とコメント。急きょ代役を務めた永島優美アナウンサーについては「大したもんだなという気はする。あとで『生きた心地がしなかった』と言っていたらしいですが、まったくそんなところは見せなかった」と評価していた。(まんたんウェブ)

2014年10月31日 10時31分55秒 (Fri)

上原

レッドソックスは30日、上原浩治投手(39)と2016年まで2年間契約を延長したと発表した。関係者の話によれば、2年総額1800万ドル(約19億6000万円)という。

【写真】オールスター戦の選手紹介でヤンキースのジーター(右)とタッチをするレッドソックスの上原

 上原は昨季にレッドソックスに1年契約で入団してシーズン途中から抑えとなり、昨季はレギュラーシーズン73試合、ポストシーズンで13試合に投げワールドシリーズ制覇に貢献。契約を延長した今季も抑えとして活躍し、64試合に登板し6勝5敗、26セーブ、防御率2・52の成績を残している。オールスターにも初出場を果たした。

 レッドソックスのジョン・ファレル監督は、今季で契約の切れる上原について「来季も残ってほしい。チームも努力を惜しまない」と再契約をあらためて希望。今季夏場に調子を落とし、9月初旬から抑えを外れたが、同監督は「どんないい投手でも不振の時期がある。彼はレンジャーズ時代にも同様のことがあった」と説明していた。

 契約については米移籍情報サイト「トレード・ルーマー」がレッドソックスをはじめヤンキース、ドジャース、ジャイアンツなど7球団が興味を示すとの見通しと、「年俸1100万ドル(約11億8800万円)の1年契約になるのでは」との予想を伝えていたが、2年契約を勝ち取った。

 上原は09年に巨人からオリオールズに移籍。11年途中からはレンジャーズでもプレーした。メジャー通算6年で294試合に登板し、15勝15敗61セーブ、防御率2・44。

2014年10月30日 16時17分50秒 (Thu)

エドはるみ

2009年からインターネット上で繰り返されている誹謗中傷に対し、法的措置を取ることにしたお笑い芸人のエド・はるみ(50)が30日、9月30日以来1カ月ぶりにブログを更新。ファンからの激励に感謝した。

【写真】エド・はるみ一発屋の自負心「一発でも売れるってすごい」

 「先月の私のブログについて、たくさんの方々から温かいご声援や、励ましのお言葉をいただきました。大変うれしく心から感謝しています。本当にありがとうございました!」

 今後については「よしもとの方々のお力をお借りし、相談しながら、すべてを前向きなパワーに変えて楽しいモノを1つでも多く作り出してゆくことに集中します!」と仕事にまい進することを誓った。

 「さぁ!今日からまた、明るく楽しくブログをUPしていきますよ」とブログも“通常運転”に戻るようだ。

 エドは9月30日、自身のブログと弁護士事務所のサイトで誹謗中傷への法的措置を公表。

 弁護士事務所は「一部週刊誌が、テレビ出演が減った理由として、先輩芸能人や共演者に対し、あたかも、同氏が自身の立場をわきまえず、横柄な態度をとり続けたことが原因であるかのように記載したことに端を発し、その後、インターネット上で、同氏に対する執拗な誹謗中傷記事が掲載され、また、それに呼応する形で、掲示板等においても同氏を誹謗する内容の投稿がなされ続けています」としている。

2014年10月29日 18時09分39秒 (Wed)

秋山監督

本拠地に阪神を迎えての第3戦で、ソフトバンクが快勝。その秘密は秋山幸二監督(52)の“能面采配”の妙にあった。

 「選手はプレッシャーがなくて伸び伸びやっているように見える。いいんじゃないの」

 指揮官があっさりと振り返った試合は、絵に描いたような完勝劇だった。先発・大隣が7回無失点の好投。打線も1回に内川が価値ある先制の中越えタイムリーを放つと、6回には李大浩がダメ押しの2点適時打を中前へ。お祭り野球を展開した。

 一度乗せたら恐いホークスナイン。その長所が第3戦ではっきりと出た形だが、そこには選手をソノ気にさせる“スパイス”が隠されていた。日本シリーズの大舞台でも選手を必要以上に気負わせない、焦らせない手法。指揮官が“顔”で実践しているのだ。

 試合中のベンチで、秋山監督はその表情を変えることはメッタにない。ピンチでも泰然自若、イケイケの得点シーンでもちょっとだけ笑みを漏らすとすぐ能面のような表情に戻す。だから選手は指揮官の顔色をうかがうことなく、プレーに集中できる。

 「選手よりも秋山監督の方が自然体なんですよね。僕ら選手に絶対にプレッシャーをかけない。このチームには秋山監督のスタイルが合ってるのかもしれないです」(主力選手)

 日本シリーズ開幕前、秋山監督は「やるのは選手。監督は選手の後ろでいい。大事なのは選手。監督は感情を出さなくていいんだよ」と話していた。現役時代から変わらない無表情のスタイルは鷹ナインに重圧がかからない“能面効果”をもたらしているようだ。

 これで2勝1敗。シリーズ後に勇退する秋山監督のため、選手たちが念願する本拠地での日本一胴上げまであと2勝。一気に決める予感が漂ってきた。 (スポーツライター・梶原昌弥)

2014年10月28日 16時14分03秒 (Tue)

携帯電話税


政府・与党は、パチンコや携帯電話の利用者に負担を求める新税の創設を、2015年度税制改正では見送る方針を固めた。

 自民党国会議員などが検討していたが、消費税率引き上げと並行して制度作りを進めるのは困難と判断した。自民党内などで浮上している国際航空便の利用者に対する課税も先送りする。

 「パチンコ税」は、パチンコ店の客が出玉を直接換金することを合法化した上で、客が受け取った現金に数%の税金を課す案を軸に検討されていた。今後、カジノなど統合型リゾート(IR)を推進する法案(カジノ解禁法案)の審議も踏まえ、協議を続ける。

 「携帯電話税」は台数ごとに課税する案が浮上したが、自動車のような公的登録制度がなく納税義務者の特定が難しいなどの問題があり、見送ることにする。
.
最終更新:10月28日(火)12時47分