葬儀費用の仕組み

葬儀費用の仕組み

不明確、分かり辛いと言われる葬儀料金。
近年、ネットの普及によって、これまで不透明であった葬儀料金体系が多少見えるようにはなってきました。また、異業種参入も進み、業界タブーとされていた事も、改善の兆しが見えています。しかし、実態として、業者によってまちまちな料金設定、パック商品の内容。必ずしも、消費者側のニーズを反映しているものとは言えません。

葬儀に掛かる費用は、大別して3つに分類できますが、料金の多くが、場所代、人件費、レンタル品で費やされます。
インターネットやチラシで「葬儀一式100万円」とか、低料金でお葬式を。などと謳った文言を見ることがありますが、葬儀一式の範囲が問題です。
消費者の多くは、葬儀一式と聞いて、式から戒名、食事まで、一切を含んでいると思いがちですが、一式の価格には、お経・戒名・食事は含んでいないのが殆どです。
葬儀社が一式と言っているのは、葬儀本体の価格の事です。

現在、葬儀に掛かる費用は、全国平均で200万程度と言われています。
内訳は、
葬儀本体 130万
お寺関係  40万
食事関係  30万

img_20140201-234737.jpg
*レ=レンタル、購=購入、手=手数料

以上が葬儀のおおまかな料金体系になりますが、葬儀基本料金と言われるものでも、葬儀社によって提供される商品、サービスに違いがあります。
見積もりを貰う際には、一式ではなく、詳細見積もり。例えば棺のグレードや祭壇の画像。複数の業者に対して、これらを事前に提示、提出させる事で、それぞれの業者の体質をうかがい知る事ができます。

この他に、オプションとして発生するものがあります。
・安置費用
火葬までに時間が空く場合、1日単位で保管料、ドライアイス追加が発生します。
・オプション
棺や壷、祭壇などの葬具にもグレードがあります。パックやセットとして組まれている物は、大概、中グレード未満のグレードです。
会葬者に対する対面的なものや、故人の事を想い「良いものを」となってしまうのが心情ですが、一過性の物や、形として残る物ではありませんので、高いものを選択する必要はありません。

img_20140201-235108.jpg