桐生市民葬祭トップ

img_20170906-222756.jpg
市民葬祭のプランは基本料金に含まれてますので高額なオプションや複雑な追加料金はありません。

注)駐車場係や受付の男性スタッフは、返礼品屋さんや花屋さんが無償で行う事が多いですが葬儀屋は人件費として1人1万円程度をご家族に請求することが多いとされてます。

私たち全国市民葬祭協会、全40店舗は高額葬儀ではなく御家族に寄り添い心で送る葬儀を大切にしています。

市民葬祭、良くある質問
 
Q ホールは、どこにありますか?
A 経済的な負担を抑えてわかりやすいプランでのサービスをご提供させていただくため、自社のホールは設けておりません。それぞれの地域の市営ホールをご案内させていただきます。
 
 
Q どのようなプランがありまか?
A 火葬のみを行うプラン、通夜は行わず一日で告別式とか火葬を行うプラン、親族や親しい友人をお呼びして通夜も告別式も行うプランがございます。
 
 
Q 使用する棺や骨箱は選ぶ必要がありますか?
A いいえ、当社はシンプルなプラン設計にしており、すべて最上級ランクのものを使用しています。棺や骨箱にランクを設けるのは、葬儀屋の利益目的であることが多く、何より個人様にも失礼に当たると考えているため、あえてそのような区分けはしないようにしております。
 
 
Q 花輪は頼む必要がありますか?
A いいえ、花輪は一切扱っていません。花輪も、葬儀屋の利益のためのサービスで、本来、ご家族や個人様には必要のないものです。実際、花輪は名札だけ変えて使い回しがされています。
 
 
Q 返礼品は、ありますか?
A はい、扱っております。ただし、一般的に返礼品の費用の5割〜6割は葬儀屋の利益になっているため、御葬儀のお茶は美味しくありません。当社はそのようなことがないよう、返礼品は、東京にある一流百貨店にて適正価格で調達し、保障書を入れてお渡ししています。業者からは御礼として1割の手数料をいただいておりますが、こちらは後々必要になります塗位牌をお作りするために使用しています。
 
 
 
 
Q 墓地は紹介してもらえますか?
A 景色環境の整っている公営墓地・私設墓地・共同墓地をお探しいたします。また、永代供養費も15万からご利用出来る所がございますので、お気軽にご相談ください。
 
 
Q 他社に問い合わせたところ、公営の式場(斎場)は予約でいっぱいだと言われたのですが
A 自社の式場を持っている場合、使用費を取るために、そのような案内がされることがあるようです。公営式場は、地域の方がご利用いただけるように作られており、予約でいっぱいになるようなことはほとんどありません。
 
 
Q 公営の式場(斎場)と葬儀社が持っている式場は、何が違うのですか?
A 公営の式場には初めから祭壇が設置されているため、祭壇料が必要ありません。また、通夜告別式荼毘など、すべての行事を1ヶ所で行うためスムーズで、移動する必要がありません。
 
 
Q お布施が高額で困っています。
A 近年は、葬儀費よりお布施の方が高額になっている場合もあると耳にします。当社では、理念に共感いただている僧侶様をご紹介しており、3万〜ご利用になれます。
 
 
Q テレビや週刊誌などで、高額費用の悪徳葬儀の話を聞いたことがあり心配です。
A 当社は低価格でシンプルな葬儀をしていただき、ご家族の負担をできるだけ少なくすることをモットーにしております。もちろん費用体系もわかりやすく、どんどんオプションが追加されて費用が膨れ上がっていくようなことは一切ありません。


地域最安値 低価格の葬儀・格安の家族葬
葬儀対応エリア 桐生市・みどり市・太田市・足利市

他社の見積もりを必ず取り葬儀明細をご確認下さい
ご相談・お見積り無料 24時間受け付け 
      0277-46-7330

img_20141103-003606.jpg
img_20140201-194150.jpg
写真上 お別れ葬、火葬のみのプラン    太田市斎場利用
一式118.000円
プラス写真180.00円  ドライアイス2日分10.000円
返礼品4人8.400円 

総額154.400円 別途消費税


img_20170528-220043.jpg
写真上 一日葬 告別式のみのプラン20名規模    桐生市斎場利用
一式278.000円
式場利用料16.200円  安置室1日3.240円 生花だるま2基30.000円
花束3.000円

総額330.440円  別途消費税

img_20170528-220224.jpg
写真上 一日葬 告別式のみのプラン30名規模    太田市斎場利用
一式278.000円
花祭壇、返礼品、お清め料理など諸費用込

総額約650.000円  別途消費税

img_20170216-221451.jpg
写真上 家族・一般葬 通夜・告別式プラン30名規模    桐生市斎場利用
一式387.000円
ドライアイス3日分15.000円  斎場使用料60.800円
返礼品20人10.000円  
  
総額472.800円  別途消費税



img_20170216-221535.jpg
写真上 家族・一般葬 通夜・告別式プラン30名規模    桐生市斎場利用
一式387.000円
ドライアイス3日分15.000円  斎場使用料60.800円
返礼品20人42.000円   通夜振る舞い67.200円
飲み物代1日5.250円   精進料理のみご家族様にて

総額577.250円  別途消費税



img_20170216-221603.jpg
写真上 家族・一般葬 通夜・告別式プラン50名規模   桐生市斎場利用
一式387.000円
ドライアイス3日分15.000円   斎場使用料60.800円
返礼品30人94.500円   通夜振る舞い107.100円
精進料理20人70.350円   飲み物代2日分18.900円 

総額753.650円 別途消費税


Q墓地がないのですが、ありますか?
A永代供養費も安価で10万〜利用出来る所もございますので御相談頂ければと思います。
Q御布施が高額で困っています。
A近年、葬儀費より高額になっている場合があると耳にします。共感頂いている全国の僧侶様が10万円〜御利用頂けます。
(お困りの御家族には、通夜・告別読経・初七日・15万円〜で、お願いできる御僧侶様を御紹介致します)

 ※写真は市民葬祭が紹介する永代供養塔を併設する牡丹寺です。
img_20170216-225705.jpg
全国市民葬祭の動画で分かりやすい葬儀の節約術


葬儀費用を抑えるための3つのポイント
@葬儀費用の相場を把握する
「葬儀費用」は地域や参列の人数・規模によって大きく変わりますが、ひとつの目安として考えると良いと思います。もちろん地域の慣習などによっても変わってきます。また、下記の一例は財団法人 日本消費者協会の葬儀に関するアンケート結果の平均ですが年々葬儀にかける費用は減少しています。また規模等によりこの平均も多くがこの金額を下回っているという意見もありますので、安く葬儀を行いたい方はご自身の希望のプランに沿わせながら下記平均以下の金額を設定し、要は先に希望の予算を大まかに立てておくと良いでしょう。

A葬儀の内容とかかる費用を把握する

葬儀において必ず必要なものを知っておくだけで大きく今後の費用決定に役立ちます。知識の無いまま葬儀社を決めてしまった場合、思いもかけないほどの費用がかかったり、予備知識がなくお布施の金額や手順がわからず苦労したという声も多く聞きます。生前予約での費用でも実際の葬儀との金額と差はほとんどありません。ご自分の予算内でどれだけ自分の希望を具体化できるか事前に把握しておくことで少しでも安く抑えることが可能です。

Bいくつかの葬儀社で見積もりを取り費用を比較する

ほぼ葬儀社によって費用が決まります。葬儀社と言っても非常に多くの会社があります。また葬儀は物販ではありません。葬儀内容やお花や飾り付け、祭壇のランク、サービスまでも様々です。ですから見積もりを比較することがうまく葬儀費用を決める方法です。削除できそうな条件や、かかせない条件など自分の希望を複数の葬儀社を何社か見積もりして比較することで無駄な出費を抑えることができるでしょう。