ブログ

2015年1月15日 16時12分00秒 (Thu)

ビール類

[東京 15日 ロイター] - ビール大手5社が15日に発表した2014年のビール系飲料(ビール・発泡酒・新ジャンル)の課税出荷数量は、前年比1.5%減となった。すう勢的な減少傾向に加え、4月の消費増税や夏以降の天候不順などがマイナス要因となった。市場は10年連続のマイナスで、現行統計が始まった1992年以降の過去最低を更新した。(ロイター)
[記事全文]

この記事にコメントを書く










表示されている文字を入力してください
認証コード